こんにちは!
焼津の魚や岩清です

本日は、多忙な管理人に代わり、妹のくったんが代筆させていただきます。

暑さの厳しい日が続いていますね 
こんな時は、クーラーの効いた涼しい室内で、演劇に興じるのも一興 かと思います。

というわけで、昨日は焼津文化会館で行われた、「松竹大歌舞伎」に行って来ました
演目は、「河内山」(こうちやま)、「藤娘」、「芝翫奴」(しかんやっこ) です。


一、河内山(こうちやま)


 お数寄屋坊主の河内山宗俊は、質屋の上州屋の見世先で、松江出雲守に腰元奉公する娘浪路が幽閉されていると聞き、金子(きんす)目当てに娘の奪還を請け負い、松江邸に出かけて行きます。
 松江邸では、上野寛永寺の使僧に化けた宗俊が出雲守を追い詰め、金子まで巻き上げて、浪路を取り戻します。帰り際、松江侯の家臣北村大膳が宗俊の高頬の黒子を証拠に彼の正体を見破ります。しかし、宗俊は慌てるどころか開き直り、啖呵を切って堂々と引き上げていくのでした。
 河竹黙阿弥によるこの作品は、明治7(1874)年に初演されました。七五調の名せりふをはじめ、大胆不敵で憎めない宗俊が繰り広げる爽快な世話物の代表作をご覧ください。

二、藤 娘(ふじむすめ)
  芝翫奴(しかんやっこ)


〈藤娘〉
 大津にある古松の大木に垂れ下がった一面の藤の花。その前に佇むのは、若い娘姿の藤の精。藤の精は、藤の枝を手にしながら可憐に踊り始め、やがて日暮れとともに姿を消していくのでした。

〈芝翫奴〉
 桜が満開の江戸吉原の仲之町。ここへ主人とはぐれた奴が箱提灯を掲げてやって来ます。忠義一筋の奴は、主人を真似たり、興に乗って足拍子を踏んだりし、再び主人を追って駆けてゆくのでした。

 『藤娘』も『芝翫奴』も江戸時代の文化文政期に流行した変化舞踊の中の一景です。美しい舞台の中、恋する女心を愛らしく表現する女方舞踊の『藤娘』。他方、舞踊の名手二世中村芝翫によって初演された男伊達の『芝翫奴』。人気の長唄の舞踊二題をお楽しみください。

(「歌舞伎美人(かぶきびと)」HPより抜粋)

私は歌舞伎には詳しくないのですが、 管理人が踊りや三味線を多少嗜んでいるのもあり、中村児太郎さんの「藤娘」は、華麗且つ艶やかに、中村国生さんの
芝翫奴」は、エネルギッシュ且つ躍動感のある舞踊で、私たちを含む観客をとても魅了していたようでした

因みに管理人は中村児太郎さんにはドキドキ、中村国生さんのお尻は痛くないのかしらと申しておりました。

お二人ともまだお若いのに、観客を引き込む素晴らしい舞踊をしていました。
これからがとても楽しみな役者さん達ですね 

本公演は、7/31(金)まであと4公演のみとなっているようですが、皆様も機会があれば是非涼みにお出かけしてみては如何でしょうか。

 

image

岩清のHPはこちら
http://www.iwasei.com