こんにちは!
焼津の魚や岩清です

いよいよ荒祭り近づいて参りました❗️

8月12日 御神楽祭 
8月13日 例祭・神輿渡御


御神楽祭は神を迎えてのお祓い、お清めの中での荘重極まりない静の世界であり、
神輿渡御は総勢三百人を超える神役の行列に加えて、数千人の白装束の若者が「アンエットン」
の掛け声も勇ましく神輿を繰り出す若い力の躍動がみなぎりほとばしる動の世界であります。

〜焼津神社〜

御祭神
本殿 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)

「古事記」「日本書紀」によると 日本武尊が東征の途中、焼津にさしかかったところで 敵に欺されて
火攻めにあったものの、天叢雲剣で草をなぎ払い、火打ち石で向火を放って窮地を逃れました。
それ以降この地をやきつ(焼津)と呼ぶようになったとのことです。

image

この2作の藍染は祖母 岩崎ひさ 作です。

image


image