こんにちは!
焼津の魚や岩清です

本日は焼津小泉八雲記念館に行って参りました。
焼津駅から文化センター前まで焼津市自主運行バス「さつき」が循環しております。
(乗車時間約5分)

「怪談」「乙吉のだるま」「焼津にて」などで知られる
明治の文豪小泉八雲。
1890年(明治の23)、初めて日本の地を踏んでから、54歳で亡くなるまでの十四年間を
日本で暮らし、日本に関する13冊の著作を西洋に向けて発表しました。
八雲は日本古来の伝統や信仰に特に関心を抱き、時代の中で失われていく日本の様々な側面を
作品に残しています。(小泉八雲記念館のパンフレットより引用)

焼津は八雲が度々夏の休暇を過ごした地です。

記念館では小泉八雲の作品、初版本、奥様のセツさんに宛てた手紙などが
展示されています。

焼津小泉八雲記念館 5周年のイラストです。
とっても素敵です。
IMG_1887


小泉八雲
 IMG_1879

小泉八雲の著した初版本

IMG_1884

IMG_1881


セツさんへ宛てた手紙、乙吉だるまの展示、八雲の愛した焼津の夏・荒祭りの神輿の展示など
見どころが沢山です。
是非、焼津にお越しの際はお立ち寄りくださいませ。

〜焼津小泉八雲記念館〜
静岡県知事焼津市三ヶ名1550
開館時間 9時〜17時(毎週月曜休館日)

交通案内
・JR東海道本線焼津駅で下車。
南口4番乗り場から焼津市自主運行バスで約5分、
「文化センター前」で下車。

焼津駅前=>文化センター前「さつき」
文化センター前=>焼津駅前「ゆりかもめ」

・車利用は、東名高速道路焼津ICより約10分。
無料駐車場完備。

IMG_1878


こちらは毎年8月13日に行われる焼津神社大例祭 荒祭りの神輿渡御の様子です。
image


小泉八雲の奥様、節子(セツ)さんは第七十五第出雲国造・千家俊勝の次男の玄孫にあたるそうです。
 
お正月の歌である「一月一日」を詠まれた出雲国造家・千家尊福さんは静岡県知事に就任されたこともあり、縁のある青木神社が焼津駅ほど近くにあります。

それも出雲と焼津の不思議なご縁なのかもしれません。