こんにちは!
焼津の魚や岩清です

今日は焼津の海の幸「岩清の塩鯖」「いか」あさりと
焼津の出汁の名店・マルハチ村松の「やきつべのだし」を使った
和風だしパエリヤのレシピのご紹介です

今日はスペイン国王陛下ご夫妻が来日されているということで、スペインの代表的お料理にしました。

手前味噌ですが、とっても美味しかったです!
鰹だしと塩鯖のイノシン酸とトマトのグルタミン酸でなんとも言えない
複雑で風味豊かな味になります。

 IMG_2264

まずはお出汁。
マルハチ村松の「やきつべのだし」を使います。
今回はピンクの力強い荒節をチョイス。
水400mlに出汁パックを2個入れ、沸騰後弱火で5分煮出します。
IMG_2999
 
 具の塩鯖は岩清の「塩鯖」「塩鯖フィレ」
または「レンジで焼き塩鯖」を使って頂いても大丈夫です。
身の部分だけを使います。

鯖ってパエリヤに合うの?と思われるかもしれませんが、
大丈夫です!出汁はもちろんのこと、トマトともとっても相性がいいです。

image


IMG_2911

焼き鯖レンジでチンでしたら楽です。
IMG_2988

 
材料 2〜3人分 
・マルハチ村松の「やきつべのだし」でとった鰹出汁 300ml
・塩鯖の身の部分(あらかじめ表面を軽く焼いておきます。中は生でも大丈夫です)
・いか(岩清のいかの一夜干しでも作れます。)
・あさり
・米1と1/2カップ
・トマトホール1/3
・玉ねぎ 1/4
・エリンギ 1個か2個
・ピーマンやパプリカ 1個
・オリーブオイル
・乾燥クチナシの実(あっても無くてもいいです。あれば出汁にいれておきます)
・日本酒 少々
・レモン

お米はといでザルにあげ、水気を切っておきます。30分くらいおきます。
玉ねぎはみじん切り、エリンギとパプリカは短冊切りに。
フライパンまたはパエリヤ鍋にオリーブオイルをひき、玉ねぎ・エリンギ・パプリカを炒めます。
しんなりしたらホールトマトを崩しながら入れます。


塩鯖はこんな感じで用意してください。(鯖の塩加減は大事です!)
うま味を表面を軽く焼いて閉じ込め、中は半ナマのままで
フライパンでお米を炊く時にうま味を引き出し、お米に染み込ませていきます。
IMG_2238




そこに出汁と日本酒少々を加え、お米をパラパラとフライパンにまんべんなく入れます。
下の写真は出汁にくちなしの実を入れています。
赤く見えるのが実です。
ですので通常のお出汁より黄色になっています。

IMG_2243

このように米を入れてください。
IMG_2244


 こんな感じで、魚介の具を並べます。
中火で少し煮立ってきたら、アルミホイルをかぶせて、
弱火で10〜15分炊きます。
IMG_2250

 火をとめて10分ほど蒸らしてください。
パセリをちらして、お好みでレモンの汁をさっとかけて出来上がりです。


パエリヤというと大変そうに見えますが、「やきつべのだし」と「岩清の塩鯖」
を使えば調味が簡単です。
(時短ですし、ほかの調味料は日本酒だけです)
力強い出汁と程よい塩加減が決めてです 

「やきつべのだし」と 「岩清の塩鯖」のハーモニーを
お楽しみください!