こんにちは!
焼津の魚や岩清です

今日は究極の珍味。
鰹の塩辛のご紹介です。

黒潮踊る太平洋で釣られた、いきのよいかつおのはらわたを
丁寧に仕込み、塩蔵発酵させた鰹の塩辛です。

「岩清の塩辛で飲む灘の味」

と大相撲の行司・二十代式守伊之助が好み、この詩を詠みました。

独特の風味なので、好き・きらいの嗜好がわかれる一品ですが、
お好きな方は(特にお酒を召し上がる方は)たまらん!
と言ってくださいます。

IMG_3176


遠方からこの鰹の塩辛をお買い求めくださるお客様もおり、
本当にありがとうございますm(_ _)m


そのまま召し上がって酒肴に。
また、お茶漬けにちょっと添えたり、という食べ方が定番ですが、
今回クリームチーズと合わせてみました。
新感覚ですのでお好きな方はお試しください

瓶の残りの鰹の塩辛が、残ってしまうとカサカサになっちゃう。
というお客様がいらっしゃいました。
社長より、カサカサになってしまった鰹の塩辛の瓶に、
ほんのちょっぴり日本酒を入れるとまた美味しくなります。
とのことですので、良かったらお試しくださいませ!

夏には、岩清の塩辛を食べると汗が目にしみない。
と言ってくださるお客様もいらっしゃいます。

鰹塩辛・鰹塩辛(甘口)・酒盗
と三種揃えております。

瓶入り

image

樽入り
IMG_3177

酒盗
IMG_3178


 
IMG_2616